「ちりがつもりて、風がふく。」は下記のURLに移転しました

http://threeminutescooking.blogspot.jp/

引き続きご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

2010年01月22日

「Langtolang」で旅行の下調べ

 2月にモロッコへ行くことになったので、旅行のスケジュールを立てることにしました。
 モロッコの旅程を組むにあたって参考になるのは、以下の2サイトです。
::.. Oncf ..::
 モロッコ国内の鉄道時刻が検索できます。
Présentation > Groupe CTM
 国営バスの時刻を調べることができます。

 ただ、これらのサイトを利用するには、問題が一点あります。それは、このサイトがフランス語で表示されるという点です。「ONCF」のほうには「ENGLISH」といういかにも表示変更できそうなボタンがありますが、押しても一切変わらないあたりが心憎いです。
 時刻表を読むためにフランス語を始めても良いのですが、ちょっと時間も足りないので、以下のサイトを利用するのがお手軽です。
Langtolang Multilingual Dictionary
 本当かどうか知りませんが、50以上の言語を相互翻訳できるというこのサイトで手っ取り早く調べましょう。
 例えば、サイト上にある「時刻表」が欲しいのであれば、「Langtolang」で「From」のプルダウンから「Japanese」、「To」のプルダウンから「French」を選んで、検索ボックスに「時刻表」と入力して「Search」を押すと、

 キャプチャを撮ったら検索ボックスの文字が化けましたが、「時刻表」が「horaire」であることがわかるので、これをページ内検索にかければ時刻表のある場所がわかります。(大体見た目でわかると言う説もありますが。)
 ちなみに時刻表はスロバキア語だと「cestovný poriadok」だそうです。あってるかどうかは知りません。
 もちろん逆の検索もできます。例えばCTMの時刻表に「D.VOY」という記述があり、欄外に「Durée du Voyage」の略だと書いてあります。感覚的に、かかる時間っぽいと言うのはわかるのですが、不安なのでLangtolangで調べるましたが、さすがに文節は厳しい模様。変な女の人まで出てくる始末です。

 仕方が無いので「Durée」で調べると、「持続時間、継続」と出てきました。「Voyage」が「旅」なのは人生経験で何となくわかるので、「旅の継続時間」、つまりかかる時間と考えてよいでしょう。誰かに確かめたわけじゃないので知りませんが。
 と、言うわけで、今回僕はフランス語の翻訳に使いましたが、Langtolangによると、
Langtolang is a multilingual dictionary translating from/to English, Albanian, Arabic, Breton, Catalan, Chinese Simplified, Chinese Traditional, Corsican, Czech, Danish, Dutch, Esperanto, Estonian, Finnish, French, Gaelic, Georgian, German, Greek, Hebrew, Hungarian, Icelandic, Indonesian, Italian, Japanese, Korean, Kurdish, Latvian, Lithuanian, Malagasy, Norwegian, Polish, Portuguese Brazil, Portuguese Portugal, Romanian, Russian, Serbo Croat, Slovak, Slovenian, Spanish, Swahili, Swedish, Turkish, Vietnamese, Yiddish, Walloon, Welsh languages.

 これだけの言語の翻訳に使えるようなので、皆さんも海外旅行の下調べには是非ご活用ください。
 それでは、au revoir !


posted by 3mc at 00:13 | TrackBack(0) | 旅行一般

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。