「ちりがつもりて、風がふく。」は下記のURLに移転しました

http://threeminutescooking.blogspot.jp/

引き続きご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

2016年10月16日

ブログ移転しました。

「ちりがつもりて、風がふく。」は下記のURLに移転しました

http://threeminutescooking.blogspot.jp/

引き続きご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


posted by 3mc at 08:08 | TrackBack(0) | 日記

2016年10月10日

半月かけてEijffingerの壁紙をDIYしたときの話。

 独力での手配についてはiDEALの前に敗れ去ったものの、妹に9,500円を支払うことでEijffingerの壁紙を発注することができた。
 9月27日にDecorette Onlineから注文確認メールが届く。オランダ語で書かれたメールでは注文に関して何一つ確認することはできなかったため、妹と僕の間における、日本語でのコミュニケーションが正しく行われたことを信じるしかないだろう。
 その3日後に宅配業者から荷物の発送に関するメールが届き、壁紙が僕の手元に届いたのは、それから8日後、注文してから11日後の土曜日だった。

 土曜日のうちにAmazonでアサヒペン 強力タイプカベ紙用のり 774 800gアサヒペン 生のりタイプカベ紙貼りセット 947を、100円ショップでハケを買って月曜の朝に作業開始。体育の日にふさわしいインドア作業だ。

 まずはWALPAの動画を見て、作業イメージを膨らませる。
 
 壁紙を貼ったあとにホームパーティーを開く必要があるようなので、後で食材を買いに行くとしよう。

 糊を塗る前に作業イメージをもう一度反芻する。動画で見た通りに、壁紙のロールを足元に置き、壁紙の上端を壁の高さから二センチ程度の余裕を持たせる高さまでするすると巻き上げてみる。
 ここでまず想定外の事態が発生。ロールされている壁紙を巻き上げてみると、上下が逆なのである。動画を改めて見直してみると、該当の作業箇所で「イメージ映像です。実際の作業手順とは一部異なります。」のテロップが出ている。何という恐ろしい罠だ。やむなく先に大体の長さで切ってから、壁に合わせて切ることに。直接壁に合わせて切るよりも多少ロスが増えるけれど仕方あるまい。
 壁の高さが223センチなので、余裕を見て240センチで切ってみる。横は二面分必要なので、同じ長さでもう一枚切る。どうせ壁に合わせて切るので、ここではそこまで厳密に測る必要はない。

 壁紙の準備が整ったので、糊付けを行う。買ってきた糊には、壁紙に糊を貼るように書いてあったけれど、WALPAの動画信者である僕はとりあえずその指示を無視して壁に塗る。どの程度塗るのが適切なのかよく分からないけれど、僕もあの道30年の勘と経験があるので、まずは一枚分の幅を塗り終えた。
 今回はかぎ状になった壁の一面のみ張り替える(実際には元の壁紙の上から貼る)ため、壁の左端は「山折り」で右端は「谷折り」になる。まず左端の垂直線からずれないよう、慎重を期して壁紙を合わせてゆく。
 糊が乾くまでは貼り直しがきくので、最初のうちはそこまで慎重になる必要もない。いっぽうで、簡単にはがせるぶん、自分の貼った糊の量が適切なのかどうかはわからないままだ。
 何回かの貼り直しを経て、左端には微妙に地が見えてしまう部分が残った。あんなに何度も確かめたのになぜだろう。人知を超えた何かの力が働いているとしか思えないので、早々にあきらめて隣の一面へ。

 今回も糊をつける前に作業内容を確認していたところ、自分の犯した過ちに気づく。リピートを考慮せずに二枚目を切ってしまっていた。
 リピートとは、要するに柄のつなぎ目のことだ。今回購入した壁紙はステップリピートのため1枚目と2枚目を何も考えず横に並べたところで、柄が横で繋がらずにずれてしまう。本来ならば、柄が合う位置を合わせたうえで、壁の高さ分を切り出す必要があったのだが、既に適当な位置で切り出してしまったため、余分に1枚切り出して貼り合わせることが必要になってしまった。

 壁紙を余計に切り刻んだ分だけ僕の9,500円が切り刻まれるようで心が痛むけれども、「泣いて壁紙を斬る」という故事にもあるように、人にはどうしても切らねばならぬ時があるものだ。
 二枚目は右端が谷折りになるため、シワができやすく、角で切るのがなかなかに難しかった。奥さんのヘルプを得て、何とか切り出す。
 リピートのぶん間が空いてしまった場所にも貼り付けて、無事作業完了。一時間程度かかっただろうか。
 仕上げに写真を撮影して、Instagramっぽい雰囲気の加工をすれば、なんとなくお洒落っぽい家に見えるはずだ。たとえこの下におむつとごみ箱があったとしても。

IMG_9055.JPG
※額は別売りです。
posted by 3mc at 20:24 | TrackBack(0) | 日記

2016年10月05日

アイルランド旅行記(7/8)|ポートラッシュ→ダブリン。極東人とボヘミアン。

 早朝のポートラッシュを散歩する。港町らしく、何気ない段差も船がモチーフになっていたりする。
IMG_9827.jpg
 海岸ではオレンジ色の街灯がぽつりぽつりとともり、散歩中の犬が寄せては返す波とたわむれていた。
IMG_9833.jpg
 ポートラッシュの駅に寄り、ベルファストへの列車の時刻を調べてから、宿へと戻る。
 旅行中三度目のアイリッシュ・ブレックファーストだ。ここはイギリスだから、イングリッシュ・ブレックファーストなのかもしれない。ケチャップ味の豆が僕の好みだ。
IMG_9854.jpg
 頼んでおいた洗濯物を受取り、一日ぶりに服を着替える。大変気持ちが良い。これで、今日と明日の着替えが確保できたので、帰国まで洗濯をせずに済む。
 9時過ぎに宿を出る。早朝にかかっていた雲は晴れ、陽の光が降り注いでいた。この好天に誘われて、ベルファストにすぐに戻るのはやめて、北の海岸線をもう少し楽しむことにした。
 鉄道駅を通り過ぎてバス停に向かう。そして、ダンスール城へ。海沿いの岸壁に立つ城の跡だ。一本の橋でつながる、崩れかけた城の姿にはロマンチックが止まらない。
IMG_9872.jpg

IMG_9884.jpg
 ダンスール城を出たところで、城同様に天気か崩れてきたので、大人しくベルファストに向かうことにした。
 まずはバスで懐かしのコーレインへ。そこでまた乗り換えて、ベルファストへと向かう。なんとなく見覚えのある道を走ること二時間でベルファストに到着。時刻は14時を回っていた。意外と時間がなかったので、結局ベルファストの街を見ること無く、そのままダブリンへと向かうバスに乗る。ありがとうベルファスト。文章の登場頻度の割に滞在時間はほとんど無かったけれど。また会う日まで。
IMG_9913.jpg
 ダブリン行きへのバスが出る前の間、ターミナルの中にある店で腹ごしらえをする。サンドイッチとスープのセットがあったので頼んでみると、サンドイッチのパンを選ぶように言われた。どうやらサブウェイ的なシステムのお店であるようだ。日本語ですら難しいこのオーダースタイルに英語で挑むことを思うと、悪い予感しかしないが適当に注文をしてみる。
 するとなぜか、パンにベーコンとチキンを挟んだだけのサンドイッチが完成。作った店員も「これで良いのか?」といった様子でこれを差し出し、僕も「こんなはずでは……」と思いながらそれを受け取った。誰にとっても不幸な戦いであった。
 ダブリンまではまた2時間半。途中晴れ間も多かったので、もう少し海岸線を辿ってみても良かったかもしれない。
 ダブリン・バスターミナルからLUASに乗って、テンプル・バーへ。間違って逆方向の路線に乗ってしまったのはここだけの秘密だ。
 洗濯物の扱い以外は良い宿だったBarnaclesへ行ってみたけれど、あいにく満室。ここは初心に戻って、初日の宿Abbey Courtへ。
 無事に部屋が確保できたので、お金を支払おうとすると、まさかの事件が発生。旅行用に100円ショップで買った財布のリベットが左手中指の爪に引っかかって、四分の一くらい剥がれてしまった。じつは初日もいつの間にか薬指の爪が剥がれていて、不思議に思っていたのだけれど、きっと同じ原因だったのだろう。(この財布はPL法的に大変危険なので、日本に帰ってすぐ捨てた。)
 絆創膏を英語で何ていうのかさっぱりわからなかったけれど、流血する指を見せたらフロントのスタッフもすぐに事態を理解して、絆創膏を渡してくれた。血は言葉より雄弁である。
 指の痛みにテンションが下がりつつも、楽しみにしていたアイルランドサッカーの試合を観戦すべく宿を出る。
 相変わらずチケットは持っていないけれど、何とかなると信じて、試合会場のDalymount Parkまで歩く。歩くには少し距離があったのだけれど、ローカルバスで行くのはリスクが高すぎるので、頑張って徒歩で。タクシーという選択肢は無い。
 歩くこと30〜40分、住宅街の奥まった場所にDalymount Parkを発見。赤黒のユニフォームを着たガラの悪いおっさんたちが次々に吸い込まれて行く。
 チケット売り場がどこかわからず、入口近辺をウロウロしていると、案内係っぽい人が声をかけてくれた。誘導に従って入口でチケットを買って中へ。
 スタジアムの造りは柏レイソルのホームスタジアムである日立台サッカースタジアムに近い。屋根を支える鉄骨が視界を遮る力強い造りだ。
IMG_9920.jpg

IMG_9926.jpg
 一応プレスシートもある模様。シートには名前の書いてるものもあり、これはシーズンパスを買った人の席なのかもしれない。
IMG_9925.jpg
 ピッチのすぐ向こうには駐車場があり、クリアしたボールが何度か車を直撃する姿は体育のサッカーを思わせた。
 売店で買ったフィッシュ&チップスをつまみながら待つのがアイルランドリーグサポーターの流儀であるようなので、僕も一つ買って試合開始を待つ。味についてはもはやケチャップの味しかしないので、かける対象が何であるかは問題ではない。
IMG_9931.jpg
 今日はBohemian FCのホームゲームで、試合開始前にあらわれたマスコットの人間感がすごかった。折角なのでハグしてもらったのだけれど、感触が完全に人間のそれであった。
IMG_9933.jpg
 試合開始直前にはスタンドの七割程度は埋まっているが、そのうち、ガラの悪いおっさんの割合がほぼ十割であった。女性一人での来場はおすすめできない。
IMG_9944.jpg
 試合開始。スタンドでは野太いオヤジの声援と、審判のジャッジに対するFワードが飛び交い、ピッチの中では、二本と繋がらないパスと、とりあえずのロングボールがこれまた飛び交っていた。
 すべての攻撃は五分のロングボールをどちらが拾うかの運次第で、サッカーというよりかはピンボールを見ている間隔に近い。
IMG_9958.jpg
 試合は結局2-3でBohemiansは敗戦。ボールボーイのちっちゃい坊やが可愛かった。
IMG_9954.jpg
 宿に戻るのにまた30分以上歩くのは面倒なので、行き先に「via CityCenter」と書いてあるバスに適当に乗ってみると、見事に宿の近くについたので下車。
 テンプル・バーから一本南の遠いにある店で、やたら大きいシェイクとハンバーガーを食べる。
IMG_9964.jpg

IMG_9962.jpg
 ダブリン最後の夜が更けていく。
IMG_9965.jpg
posted by 3mc at 23:17 | TrackBack(0) | アイルランド旅行記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。